大分大学大学院福祉社会科学研究科大分大学大学院福祉社会科学研究科

  • 大分大学ホームページ

研究科の理念と目的

研究科の目的

 本研究科では、深い人間理解を踏まえ、国家・地域社会・企業などが「福祉社会」の形成に果たす役割を科学的に究明していくという基本的視点に立って、社会福祉学を基盤として、社会学・法学・経済学・教育学などの社会科学の立場から「福祉」を総合的・多角的に捉えた教育研究を推進します。

研究科で養成する人材

 福祉と関わる多様な分野で活躍しうる高度な専門能力を具えた次のような人材を養成します。
①福祉スーパーバイザー(ソーシャルワーカーのリーダー)
②福祉アドミニストレータ―(福祉施設・法人等の経営・管理者)
③地域福祉行政スタッフ(地方自治体等の福祉関係職員)
④地域福祉ビジネススタッフ(企業人、NPO職員など)

研究科の教育体制

 ①基盤領域(コア)
福祉にアプローチする基本的枠組みと実践的課題を共有するための教育研究領域として設けます。その内容は以下のとおりです。
・福祉社会政策の基本的枠組みを修得する「福祉法制特論」
・福祉臨床の原理と実践プログラムの基本的枠組みを修得する「ソーシャルワーク特論Ⅰ(原理)」
・福祉の実践的課題の掌握と解決の方向を探るための実践的な手法を修得する「福祉課題研究」

②福祉社会政策分野
地方自治体・地域社会・民間企業による福祉への対応及び連携のあり方について、社会学・経済学・経営学・歴史学などに依拠したアプローチによる教育研究分野です。
・社会構造や社会意識の動態と変遷、福祉社会の形成・発展に関する教育研究
・コミュニティの活性化と福祉基盤の整備に関する教育研究
・市場原理、公的扶助、非営利福祉サービスの展開、公的部門と民間部門役割分担等に関する教育研究

③人間社会福祉分野
すべての人間が、人間としての尊厳を持ち、安心して生活できるための福祉方法論や福祉実践サービスのあり方についての教育研究分野です。
・地域社会の福祉環境の実状と変遷、ミクロ・マクロレベルにおける福祉実践の原理と方法論に関する教育研究。
・高度な能力をもつソーシャルワーカーのあり方やスーパービジョン能力開発に関する教育研究。

教育方法の特色

  1. 事例研究、現地調査、ディスカッションなどを積極的に取り入れた実践的な教育を行い、学際的・複合的な研究分野を開発します
  2. 社会人学生の便宜を図るため大学院設置基準第14条に基づく教育方法の特例を設けます。修業年限は一般学生と同様に原則として2年とします。科目は昼夜開講制とし、夜間などにも授業を行います。附属図書館は、平日は9時から22時まで、土曜日は10時から19時まで開館しています。
  3. 指導教官は正・副指導教官制とし、学生の研究課題に応じて研究内容を深めることができるように指導します。
  4. 学生は、コア科目(6単位)のほか、その適性、能力、希望する進路に応じて指導教官の指導の下に、福祉社会政策分野と人間社会福祉分野の授業科目(講義・演習)を選択履修します。
  5. 問題解決能力の育成を図るため、ケーススタディやフィールドワーク及びインターンシップなどを内容とする調査研究科目(2単位)、学生の進路希望に応じて、指定された授業科目について他研究科での履修を認めるオープン科目(2単位)、福祉系以外からの進学者などを対象に補習科目「社会福祉学特別講義」(修了要件外)などを設けます。

福祉社会科学研究科の3つのポリシー